東京をはじめ、全国で永代供養が注目を集める理由

このサイトでは、東京で永代供養を行う納骨堂を、ランキングしています。

お墓を考える上で注目のキーワード、永代供養。特に東京などの都心部では、街中や電車内の広告でも、見かける機会が増えています。その理由を考え、以下にまとめてみました。

  • 独身で子どももいないため、お墓を建てても後継者がいない
  • 墓石代や永代使用料が高額なため、お墓を建立できない
  • 先祖代々のお墓が遠方にあり、マメに訪れることができない

こんな時代の要請を受け、近年、「永代供養」の需要が高まっているのです。

東京で永代供養を行う納骨堂比較ランキングはコチラ

現代人のライフスタイルに寄り添う、永代供養

納骨堂イメージ写真永代供養とは、寺院などの施設が、遺骨の管理と供養を一定期間(33回忌までが一般的)行うシステムを指します。

従来のお墓は、子孫が代々受け継ぎ、供養していく…という考え方が一般的でした。しかし現代は少子化などで家族構成が変容しており、お墓の後継者不足が懸念されるようになっています。

また高額な墓地の建立や維持費を懸念し、「遺族に金銭的な負担をかけたくない」と、生前から準備を行う人も増えています。そして故郷とは遠く離れた、東京などの都会に暮らすひとたちが、近親者の遺骨を身近に納め、気軽にお参りへ訪れたい、と希望している場合もあるのです。納骨堂などの永代供養施設は、こうしたニーズに最適の受け皿となっています。

しかし永代供養の最大のメリットは、面倒な墓地管理や、法要の手続きを、遺族が行う必要がないこと。義務ではなく、自然な気持ちで「故人と対面する」ことを可能にした点で、永代供養は現代人のライフスタイルに即しているのです。

一般的なお墓に勝るとも劣らない、納骨堂が人気

永代供養ができる施設としては、屋外タイプの永代供養墓と、室内タイプの納骨堂があります。永代供養墓は合祀(大勢の遺骨を一箇所に集めて埋葬する)タイプが多いので、抵抗を感じる、という意見がまだまだ主流。その点納骨堂は、ひとつひとつの骨壷を納めるスペースが区切られており、永代供養の期間内は個別に保管されることになります。

東京では、一般的なお墓に比べても遜色ない重厚な施設や、モダンな雰囲気を持つ納骨堂も数多く、新しい埋葬のかたちとして、大きな注目を集めているのです。

当サイトでは、そんな納骨堂を比較ランキング形式で紹介しているほか、利用に当たって気になる疑問点を解消するなど、具体的な情報を提供することを目指しています。

東京で納骨堂をはじめとする永代供養施設の利用を考えている人は、ぜひ参考にしていただければ、と思います。

東京でおススメの納骨堂は?ランキングはコチラ